ただ銀行に預けてるなんて勿体無い!定期預金でお金を増やそう!

銀行口座を持っている人では、定期預金というのは耳にはしたことがあるでしょう。

金利が0.3%とかちょっとずつお金が増えるなら興味がありますものの1年物もらうとか、仕組みがなかなかよくわからないかもしれません。

円定期預金でも、しっかりお金が増えることは間違いありません。その仕組みについてしっかり理解しておくことが重要です。

塵も積もれば山となる!定期預金でお金を増やそう!

定期預金は銀行にお金を預金する方法の一つであり、3ヶ月や1年5年など前もって決めた期間決めた金額を預けることによってそしてその期間中解約することなく、預け続けることができた時に普通預金よりも高い利息が受け取れるというメリットがある仕組みの一つです。

あらかじめ決められている期間は満期と呼ばれその期間が長ければ長いほど、金利は高くなります。

ネット銀行のソニー銀行などの定期預金ですと例えば預入期間が1ヶ月から、10年まで設定されています。

それから預入金額は1万円から上限なしで決められており、普通預金に比べると10倍以上の利子がつきます。

普通預金の場合ですと年利が0.00%ですが、定期預金の3ヶ月ものならば年利が0.01%、それから1年物の場合ですと年利が0.05%、3年物ですと0.02%と高くなっているのです。

1年ものより3年ものの方が利子が安くなってしまっているのはキャンペーンなどの影響によるものですまでの時間と金利が、比例しないような時もないことはありません。

定期預金のデメリットやリスクは一体、どのようなことなんでしょうか。

お金が減る!?定期預金のリスク

まず一つ目が一千万以上が保証されていない、ということです。2002年ペイオフという制度が廃止され、銀行が倒産した場合は銀行預金は一人当たり一千万円までしか保証されなくなったためです。

例えば1500万円ある銀行に預けてそれが当選してしまった場合、500万円は損してしまいます。

可能性は低いですがリスクとなるのは確かです。

他の投資などに比べると普通預金よりはたまりますがなかなかお金が集まらないということは、確かと言えるでしょう。

それから途中で解約した場合はその金利が得られなくなることも、注意しておきましょう。

定期預金は途中で解約してしまうと元本割れすることはまずありませんが、時間に縛られてお金が増えないということになります。

時間は使ってしまったけれども、その分の見返りがないという状態になってしまうのです。

大体100万円を年利0.5%で定期預金をした場合その後満期後は、どのくらい利息がつくかということを計算してみましょう。

1年ものに預けた場合は、100万円はだいたい5000円で税金が引かれ手取りは4000円程度になります。

それから3ヶ月後に預けた場合は、だいたい1250円で税金が引かれ1000円ぐらい、3年物に預けると15000円くらいで手取りが大体、12000円ぐらいになります。

注意すべきは3ヶ月6ヶ月といった一年未満の定期預金で年利は1年預けた時につく利息なので3ヶ月の場合は1/4、6か月ならいぶんの1しか増えないところに、注意しましょう。

つまり3ヶ月物の定期預金0.5%といううたい文句などを見つけた時には実際には、それから1/4で0.125パーセントになるということを計算することが大切です。

定期預金のリスクを知って上手にお金を増やそう!

定期預金は、コツコツお金を増やすことができます。

やはり元本が、かなり高くなればそれなりにすごい金額になってくることは確かです。

昨今は低金利情勢が続いているため定期預金だけでは増えづらい状況ではありますが、単に銀行に寝かしているだけよりはよっぽど高い金利で運用することができるのです。